慎重に検討 請願保留へ

みどりの風2017年5月21日号より

5月12日、教育子ども委員会で請願9件の審査がおこなわれました。

さはし議員は、3回保留となっている「千種図書館の新築等を求める件」について、この間の進み具合をたずねました。教育委員会は、老朽化すすんでいること、耐震対策、一部のバリアフリーが未対応であることは認識しているものの未だ移転先の'決定的案がない'」との答弁でした。「人が集まる公共の場として耐震対策を早急にする必要があり、見通しもなく具体化できなければ利用者の安全を守ることはできない」と指摘しました。

また、どのように利用者の声を取り入れていくかとの質問に対し「来館者アンケートを参考にしており、整備についても参考にしたい」との答えでした。さはし議員は、徳重図書館を例に挙げ、新築する際は、ワークショップを開き、利用者の意見や要望を反映すべきであり、そうすることで利用者や住民と一緒に地域の図書館を育てることにつながると述べました。

「給食調理業務の民間委託撤回を求める件」は、委託を拡大するなかであっても、安心で安全な給食を安定して提供できるよう、新たな体制が構築されたとして趣旨実現による審査打ち切りに対して、さはし・高橋両議員は、そもそも請願者は民間委託撤回を求めていることから、意義を申し立て、起立採決となりましたが、起立多数により審査打切りとなりました。

子ども青少年局関係の請願
〇平成27年請願第12号 児童発達支援センターの充実を求める件保留
〇平成27年請願第16号 安心して子供を産み育てられるよう保育の公的責任の堅持と 保育施策の拡充を求める件 1.子ども・子育て支援新制度を改善するよう国に求める (2)保育士・幼稚園教諭・学童保育指導員などの職員処遇の抜本的な改善、2.保 育を必要とする全ての子供たちが、希望する保育を受けられるよう認可保育所の整 備を進めること、4.公私間格差是正、延長保育、障害児保育などにかかわる名古屋 市単独助成を継続・拡充すること保留
〇平成28年請願第13号 子供たちが健やかに育つために病児・病後児デイケア事業の 拡充と一時保育の拡充を求める件 1. 病児・病後児デイケア事業の利用料を第2子以 降は減免すること、2.未実施の区・市所管内への施設開設、3.一時保育事業をエリア 支援保育所での実施保留
〇平成28年請願第21号 子供たちが健やかに育つために公的保育制度の堅持を求める 件 2.公私間格差制度を堅持し保育の質の維持・向上、3.保育料の値下げ/3歳児以上 の無料化、5.保育士等の処遇改善、7. 安心して子供を預けることができるよう環 境を整える(2)耐震・防災対策を進める(3)公立保育所の送迎用の駐車場の確保、 8.学童保育所を守り、発展させるとともに、保護者負担を軽減できるような助成の実 施、9.保護者の労働条件を把握し安心して働くことができるよう保育制度を充実させ ること(1)年度途中の入所がしやすいよう制度の充実・見直しを図る(6)障害児を 含む兄弟姉妹が同一保育所に入所できるようにする(7)障害児の保護者も仕事を続 けられるよう障害児保育補助金の増額保留
〇平成28年請願第23号 全ての子供たちが豊かに育つ条件を平等に保障し、保育士の 抜本的な処遇改善で保育を豊かに広げることを求める件 1.利用保留児童の解消のた めに保育施設の整備をさらに進めること、4.民間社会福祉施設運営費補給金制度を堅 持すること審査打切
教育委員会関係の請願
〇平成29年請願第1号 子供と保護者が安心できる少人数学級の拡充を求める件保留
〇平成27年請願第1号 千種図書館の新築等を求める件保留
〇平成28年請願第4号 子供の成長を支える学校給食であり続けるために、小学校給食調理業務の民間委託撤回を求める件 2.民間委託を行わず、教員・栄養教諭または学校栄養教諭・調理員が一体となって安全・ 安心でおいしい給食を提供できるよう名古屋市が責任を持って実施する体制を整備すること審査打切
〇平成28年請願第21号 子供たちが健やかに育つために公的保育制度の堅持を求める件 9.(7)障害児にかかわる施策を実態に合わせて充実させること イ校舎老朽化及び生徒数増加による天白養護学校の教室不足を改善するための計画を確実に施行すること保留

学校施設をリフレッシュ

みどりの風17年5月14日号より

教育子ども委員会で「名古屋市学校施設リフレッシュプラン」の所管事務調査が行われました。

市民要求実現へ共同強める

名古屋市は、老朽化が進む学校施設を限られた予算内で、今後、維持管理・更新を築年数によって計画的に進めるため「名古屋市学校施設リフレッシュプラン」を策定します。

学校統合ありきのプラン?

現在の施設整備費は41億円ですが、長寿命化をしても56億円まで費用が膨らむため、15億円の財源を作り出す必要があります。そのため、教育委員会は、小規模校による統廃合も一定おこなっていく必要があると答えました。さはし議員は「学校の改修、改築は、子どもたちが学ぶ環境をよくするという点で必要だが、『リフレッシュ』と言いつつも財源を作りだすために学校統廃合がなければ進まない計画である」と指摘しました。

ユニバーサルデザインを!

「現代社会において、バリアフリーやユニバーサルデザインを取り入れることは大切であり、他都市では、デザインを子どもが発案したところもある。子どもたち自身の学びにもなる。こうした視点で進めていくか」と、さはし議員がたずねたところ「改築および40年の節目のリニューアル改修でも取り入れていきたい」との答弁がありました。また、今後、学校は、地域コミュニティの公共施設や避難所の防災機能も備える施設となるため、誰もがわかりやすいユニバーサルデザインを取り入れた整備を進めるよう要望しました。


ユニバーサルデザイン

年齢、性別、身体など、様々な特性や違いを超えて、はじめから、できるだけ、すべての人が利用しやすい、すべての人に配慮した環境、施設などのデザインをしていこうとする考え方

第88回愛知県中央メーデーに参加

第88回愛知県中央メーデーが5月1日「誰もが8時間働いて、まともな暮らしができる賃金を」スローガンに白川公園で開催され、約3000人が参加しました。メーデー集会のあと「働く者の団結で暮しと権利を守ろう」とパレードしました。メーデーには、党専従者や党名古屋市会議員とともに参加しました。

左から柴田市議、石川地区委員長、さはし市議、田口市議