大規模災害時 応援を受ける側の計画を

みどりの風2017年11月12日号より

防災・エネルギー対策特別委員会において大規模災害時受援計画(案)策定についての審議がありました。

 

名古屋市は、熊本地震や国のガイドラインをもとに、今年度、大規模災害時受援計画(案)を策定することとしています。災害が発生すると災害対策業務(避難所運営など)を優先的に実施することになり、業務量が増加し、名古屋市職員のみで対応することが困難になることが予想されます。そのため、あらかじめ受援対象業務の選定、および応援自治体等が本市に支援に入る場合の調整窓口となる受援班を新たに設置することなどが計画に盛り込まれます。政令市においては、受援計画策定済みが7都市、今年度策定予定が本市含め9都市、来年度策定予定が4都市です。

熊本市での受け入れ体制は?

さはしあこ議員は、本市が熊本地震で、避難所へ応援に行ったときの熊本市の受け入れ体制について、実際に行って、どうであったか、また、どのような応援体制があったらよかったかをたずねました。

防災危機管理局は「発災後、熊本中央区の42か所の避難所運営を北九州市から、名古屋市・さいたま市・川崎市が分担して引き継ぐことになったが、分担について提示がなく調整に時間がかかった。応援職員の活動場所の調整を行う役割を担う部署が必要との教訓を得た」と答弁しました。さはし議員は、本市が被災した場合も、熊本地震のときと同様の支援が考えられるため、日頃からの関係性が大切と述べ、具体的な取り組みについて質問しました。

当局は「様々な防災に関する取り組みについて指定都市間で、こまめに情報交換を行っているほか、年1回開催される行動計画担当課長会議において意見交換を行い顔が見える関係づくりに努力をしている」と答えました。

受援計画に沿った訓練を

さはし議員は、他都市の受援計画に基づく訓練も参考に実効性を担保することが重要であると指摘したうえで、訓練をどのように実施するのかと質しました。当局は「本市内部では、毎年実施している災害応急対策図上訓練などにおいて訓練・検証を行っていきたい。外部との訓練は、指定都市市長会行動計画に基づく訓練に受援計画の内容を加えて実施するよう提案していきたい」「他都市における受援に関する訓練も参考にしながら実効性を担保していきたい」と答えました。さはし議員は「取り組みを知らせることで市民も安心すると思う」と述べ、計画策定の際、市民への周知も要望しました。

学習とリフレッシュ! 党後援会バス旅行

みどりの風2017年11月5日号より

明通寺中島住職から「美しい小浜を守る」思いをお聞きしました。

10月25日、党緑区後援会で年一回恒例の日帰り旅行が開催されました。 今年は、福井県小浜市にある国宝・明通寺(806 年創建、1258年再建)と三方五湖を訪れる旅です。  さはしあこ議員も3年ぶりに参加し、日頃ご支援いただいている みなさんと楽しく交流したり、 名古屋市から国へ声を届けたいと決意を語りました。参加した方々も日頃感じていることや党への思いなどを自由に語られていました。

今回の旅のメインは、原発をストップさせたいと小浜市民のみなさんとともに運動をしている明通寺の中島住職からの貴重な話です。

世界に約500基 ある原発のうち、若狭湾には15基が集中しています。《美しい小浜を守ろう!》 をスローガンに掲げ、小浜市民は有権者過半数の署名を集めたり、若者がデザインした赤い和をモチーフにしたシンボルマークを各家庭に掲げてもらうなど、市民ぐるみで運動を進めてきました。

住職は「生きとし生けるものとして原発をどうしていくか」「強大なものが弱体を飲み込んでさらに強大なものに組織されていく」「放射能は目に見えない生態系を壊し、自然環境に影響を与える」今なお120万発分の核廃棄物の処分方法は世界で見つけられていないと説きました。

最後に、中島住職は「原発の恩恵を受けた人が原発をやめるよう声をあげてほしい」と述べました。その後、雲の隙間から光が差し込み輝いている三方五湖を眺めながら気分をリフレッシュ。帰りは、弁護士八法亭みやっこさんのDVDを観て、落語で憲法を学びながら、みんなで大笑い!絆が深まり、活力を養った旅となりました。

明通寺にて 後方は三重塔(国宝)

あこの写真ニュース

9月3日(日)、鎌倉台中学校において、大清水学区395人の参加による総合防災訓練が行われ、各学区の区政協力委員長、行政、団体、企業などが参加しました。

さまざまな訓練を通して、あらたな課題も見つかり、訓練の重要性が再確認されました。高層階や事故車両からの負傷者を救出、医師会による医療救護所の設置、トリアージや応急手当など救助・救出・救護までの一連の訓練も行われました。

訓練後、馬渕緑区長と