緑区ではじめて市政懇談会開催

みどりの風2017年12月24日号より

「いろいろなところで市政懇談会を開いてほしい」という声が市民の方から寄せられたことを受け、党名古屋市議団は、日頃、市の中心である都市センター(金山)で開催していた市政懇談会をまずは、人口の多い緑区で開くことにしました。

12月13日、議員12名のうち8名の市議が揃い、緑生涯学習センターで開催されました。緑区選出さはしあこ市議と中村区選出の藤井市議の司会で、初めに団長の田口市議から「他の区の議員と話せる新鮮な場」との挨拶で始まり、続いて11月議会で個人質問をした市議からそれぞれ報告がされました。

参加者から次々意見が!

参加された方からは「小学校は避難所となっているが、安全なのか点検してほしい」「保育園は増えているのに子どもたちが遊ぶ公園が少ない。公園を増やしたり、小中学校を開放したらどうか」「名鉄4号踏切にある歩道を広げる要望を学区で市に提出した。実現に向けて市議団に力になってほしい」「商業施設での自衛隊の宣伝をやめさせてほしい」など緑区に関する要望が相次ぎました。緑区については、さはし市議から「まずは、現場を確認したうえで、一緒に実現に向けて頑張りたい」との話がありました。また、最低賃金について市議団の考え方、介護事業における生活援助の切り捨て問題、自治会に入っていない方への対応、平和に対する行政の意識、守山区で行った敬老パスのアンケート調査など、多岐にわたる質問や意見が出され、各担当議員が答えました。

今回、地域での開催は大変喜ばれましたが、せっかく開くのであるならば、市民により広く知らせて懇談会に参加してもらう努力が必要との意見もありました。いただいた貴重な声を市政に活かしていくとともに次の開催をより良いものにしていきます。

緑区ではじめての市政懇談会で挨拶する佐橋市議

天守閣木造化 立ち止まってしっかり議論を!

みどりの風2017年12月17日号より

12月8日、11月亭来会が閉会しました。党名古屋市議団は、名古屋城天守台石垣調査について、反対の立場から討論をおこないました。

名古屋城天守台石垣調査は必要だと考えていますが、天守閣部会と石垣部会による合同部会で「石垣部会は、安全性を考えていない」という発言から混乱が生じ、現在行っている発掘・地盤調査が中断しています。調査の再会の目途が立っていないまま、来年5月7日から天守閣の入場を禁止したり、2022年の完成スケジュールありきで進めようとすることが問題です。本物の文化財である石垣こそ適切な調査で、現状を把握し守りぬくべきです。木造化を急がず、よく議論をし問題の解決を図ることを求めました。

生活困窮者への年末年始援護施策の充実をもとめて申し入れ

党市議団は、困窮者支援も含めた年末年始援護対策の充実に関する」 申し入れを行い、杉山健康福祉局長と懇談しました。名古屋市が長年取り組む年末年始援護施策は、大切なセーフティネットです。無料宿泊所、事前・臨時相談窓口の広報の拡充、専門職による障害に応じた支援、結核・歯科口腔検診、年末を困窮者支援を進める集中期間に設定、仕事・自立サポートセンターなどでも年末年始の相談窓口と宿泊提供の支援などを申し入れました。

あこの写真ニュース

地元大高のコミセンまつりで、なんと「幻の大高絞り」を発見!「有松・鳴海絞り」は知っていましたが、自分の住んでいる町に、まさか「大高絞り」たるものがあったなんて、驚きです。母に聞いてみたら「前から知ってたよ!」知る人ぞ知る「大高絞」。大高でも息づいていた絞りの伝統技術に光を当て、後世にも継承していきたいと思いました。「世間に知らせたいね」と、地元のみなさんとも盛り上がったコミセンまつりでした。



写真をクリックすると拡大します