地元住民の意向と市のまちづくりとの調和を

みどりの風2017年4月9日号より

3月28日愛知県競馬組合議会定例会が開かれ、平成29年度一般会計予算はじめとする5議案が審議されました。

新年度予算は、弥富トレーニングセンター(以後、弥富トレセン)への移転費用94億円を含めた予算が計上されています。インターネット売り上げなどにより競馬事業収入が好調のため予算額291億円となっており、昨年より100億円増の予算編成となっています。さはし議員は、組合の努力によって現在黒字に転じているが、売上に連動して経費も増えたり、不測の事態や劇的に経営が落ち込むこともあると指摘し、これまでの状況を踏まえ緊張感をもって経営を進めるよう要望しました。

名古屋競馬の将来に向けての方向性が示される

名古屋競馬将来構想調査の結果が報告されました。名古屋競馬場の老朽化への対応として、弥富トレセンへ移転し、現競馬場に新場外売場を整備することで、移転後20年間は黒字を確保できると示されました。さはし議員は、現在、地元の方々に提供されていた地域貢献施設は、少なくとも今後も利用できることは最低条件であり、今まで同様利用できる施設の堅持を求めました。

また、跡地利用についても、地元のみなさんの理解を得ること、県・市とも調整して進めていくよう要望しました。

最後に、地域競馬の役割を果たしながら、競馬を取り巻く地域や住民と良好な関係を保つためにも名古屋市や弥富市のまちづくりと調和するよう努めていくことを求めました。

競馬事業のあり方についての決議採択

愛知県競馬組合が弥富トレセンへの競馬場移転を進める大きな転換点を迎えるにあたり、愛知県競馬組合議会は、競馬事業の持続的発展のため、次の3点を組合に求め決議しました。

1、単年度収支のみで事業の存廃を判断するのではなく中長期的な視点に立った経営計画を策定したうえで、事業環境の急激な変化にも柔軟に対応できるよう、財務体質の一掃の強化をはかること

2、事業の持続的発展を支える組織体制を構築するため、若年職員や獣医職職員の採用・育成を計画的に進めること

3、常に魅力あるレースを提供するため、出走頭数の確保、強い馬づくり、特色ある多様な番組編成を推進すること

550億円もかける天守閣木造化急ぐ必要はない

みどりの風17年4月2日号より

3月21日、2月定例会が閉会

契約は市長選後

3月23日の市議会最終日、名古屋城天守閣の木造化予算案が可決しました。でも、最終決定ではありません。市が竹中工務店と契約を結ぶのは市長選挙後です。市長が代われば、立ち止まって考えることができます。

市長の判断で契約を断念することは、損害賠償を請求されることはあろうかと思いますが、可能です。また、契約したとしても、今回可決された予算は基本設計費などですので、今後、解体・復元工事費などの予算に関して議会での議決が必要になります。賛成した公明党の市議団長も「いったん決着を付ける意味での可決」(「中日」)と言っています。まだ一波乱も二波乱もあるでしょう。東京の豊洲を見てください。名古屋でも相生山の道路建設が止まりました。ですから、今回の議決ですべてが決まったわけではありません。

破綻した収支計画

平和と戦後復興の象徴として再建された現在の天守閣を、急いで壊して木造化することに、市民の合意はありません。

「税金は1円も使いません」と市長が言ってきた収支計画も破たんしています。木造復元後の入場者数が現在の2倍以上に増え、それが50年間近くも継続するという収支計画にたいして、民間調査会社から「10年以上の長期の予測は不可能」、「何もしなければ時間とともに入場者数は落ち込んでいく」と指摘され、入場者数の根拠のなさが明らかになりました。今議会の最終盤、河村市長は「仮に収支がよくなくとも、(木造復元は)必ず推進すべきものである」と開き直った文書を市議会の委員会に提出。「税金は使わない」と断言できなくなりました。

市長選挙の争点に

木造化予算に賛成した自民党・民進党・公明党も、収支計画や財源問題などで附帯決議をつけざるをえませんでした。自民党の市議団長が「厳しい附帯決議を付け、市長に歯止めをかけた」(「中日」)と語っているように、彼らも、もろ手を挙げて賛成したわけではありません。名古屋城天守閣のあり方については、今度の市長選挙で争点に押し上げて、改めて民意を問うべきです。共産党市議団は、「505億円もかけて天守閣解体・木造化を急ぐな。もっと優先することがある」と訴えてたたかいます。

住民のみなさんと懇談

党平子後援会主催の市政懇談会が行われました。

さはし市議は、党市議団が行った市政アンケートの結果と併せて、2月定例会での論戦をまじえながら報告しました。また、市長選にあたって、岩城まさてる氏のひととなりを紹介。

参加者全員に発言していただいた結果、地元ならではのさまざまな要望が出されました。「扇川や手越川の中の除草が以前よりされなくなっているようで、大雨の時に水をせき止めてしまいそうで心配」「下水に泡がたまっている」「介護職員不足」「市政アンケートの要望に取り組んでいきたい」など。また「鎌研の名鉄線踏切の歩道整備」「家屋へ雨水の流れ込みを防ぐための整備」など住民要望が実現したとのうれしい発言もありました。

なくそう原発!生かそう憲法!3.11緑区集会

東日本大震災・福島第一原発事故から6年となる3月11日、名古屋市緑区乗鞍2丁目の要池公園で「なくそう原発!生かそう憲法!3.11緑区集会」が開催され、区民150余名が参加した。

集会は、9条吹奏楽団で活動するメンバーによる「花は咲く」「ドラえもん」「青い空は」などの演奏や原発再稼働反対、憲法擁護などの運動に取り組む自主的な団体の代表による意見交換などが行われた。集会の最後は、太鼓や笛などを打ち鳴らし、「生かそう憲法」「泣くそう原発」「許すな共謀罪」などのメッセージボードを掲げてパレードを行い道行く区民にアピールしました。

近藤昭一民進党衆議院議員とともに集会で挨拶をさせていただきました。

パレードの先頭をゆく、佐橋亜子市議と近藤昭一民進党衆議院議員