福祉・教育・暮らし優先の市政運営をみどりの風2017年3月19日号より

市議会本会議で各派による代表質問がおこなわれました。

格差を拡大する市民税減税

「富裕層・大企業優遇という認識があるのか。一律減税は、富める者をますます富まし、貧困層にはまったく恩恵がない。格差を拡大するものではないのか」との質問に対し、河村市長は「市民税は単一税率になったから、定率減税しかできない」の一点張りです。

さらに、小池百合子東京都知事が一律減税は「高額所得者ほど減税額が大きい。都民税が課せられない方々には効果が及ばない」「税の公平性の観点から課題がある」と常識のある答弁をしたことも紹介しました。

小学校給食費の無料化を

小学校給食費の無償化に必要な経費は約40億8千万円です。減税額約116億円の3分の1で実現できます。保護者の給食費負担は年間で4万1800円(月額3800円)子ども一人あたり年間4万円の負担軽減になります。「年数千円の減税よりも給食費無償化の方が、はるかに生活支援になる」と訴えました。

三つの展示場で1200億円

名古屋市が空見ふ頭に計画している大規模展示場については「金城ふ頭へのポートメッセの移転拡張に330億円。愛知県がつくる展示場は340億円。空見ふ頭の展示場に500億円。三つの展示場整備に、県市合わせ約1200億円を超える。県市の調整もなく過大な需要予測で、過大な投資になるのではないか」と厳しく指摘しました。また、愛知県との調整がついていないのに、調査費を計上するのは予算計上の前提を欠く独断的なやり方」ではないかとの質問に対しては答えませんでした。「知事とは、1年以上も空見のことで話をしてきて、調査をやってちょうよ」と知事が了解しているような答弁に対し、知事が抗議する事態へと発展。 経済水道委員会で議論が繰り広げられています。

緑生涯学習センターに指定管理者制度導入みどりの風2017年3月12日号より

教育子ども委員会において「名古屋市生涯学習センター条例の一部改正」について審議が行われました。

名古屋市は、中川、港、南、天白、緑区の生涯学習センターに「サービス向上」と「経費削減」を目的とした指定管理者制度を拡大します。これで、ついに16区すべてに導入されることになります。

さはし委員は、社会教育は自治体が責任を持って実施すべきであり、指定管理者制度導入は「安易な人件費削減」によって、窓口相談体制が不十分となり「社会教育の質の低下」を伴う運営につながることから、なし崩し的に導入するのは、名古屋の社会教育行政にとっても市民にとってもマイナスであると指摘しました。

指定管者制度導入について、さはし、高橋委員は反対しましたが、起立多数で採択されました。その後、10日の本会議においても共産党を除く賛成多数で可決されました。

有松自転車駐車場を調査

市営有松駅自転車駐車場を有料化する条例案 提案されています。常日頃、収容台数に比べ、駐車台数が上回り、駐車場内の通路を塞ぎ、歩道にもあふれる状態を解消したいと関係学区から名古屋市へ有料化と増設の要望が出されました。

さはし市議は、現地へ赴き、駐車状況を調査しました。 この日は、雨のため駐車台数は少なめでした。有料化の条例改正にともない収容台数も増設する予定です。

なくそう原発!生かそう憲法!3.11緑区集会

東日本大震災・福島第一原発事故から6年となる3月11日、名古屋市緑区乗鞍2丁目の要池公園で「なくそう原発!生かそう憲法!3.11緑区集会」が開催され、区民150余名が参加した。

集会は、9条吹奏楽団で活動するメンバーによる「花は咲く」「ドラえもん」「青い空は」などの演奏や原発再稼働反対、憲法擁護などの運動に取り組む自主的な団体の代表による意見交換などが行われた。集会の最後は、太鼓や笛などを打ち鳴らし、「生かそう憲法」「泣くそう原発」「許すな共謀罪」などのメッセージボードを掲げてパレードを行い道行く区民にアピールしました。

近藤昭一民進党衆議院議員とともに集会で挨拶をさせていただきました。

パレードの先頭をゆく、佐橋亜子市議と近藤昭一民進党衆議院議員