有松捕虜収容所を遺して

みどりの風2018年5月20日号より

緑区にお住いの方から 「『捕虜のいた町』という本を読んで、戦時中、有松に捕虜収容所があったことを知った。住んでいたのに知らなかった。どこだろうと探したら家の近くにあった。有松の捕虜収容所の施設を残すことはできないだろか」との相談がさはしあこ市議に寄せられました。

有松捕虜収容所とは

市内唯一の捕虜収容所(名古屋収容所第2分所)で、収容されていたイギリス人やアメリカ人が労働のため、有松から熱田区にある日本車両の工場へ列車で通っていたとの記録が残っています。2016年には、朗読劇『捕虜のいた町』が有松で上演され、資料展も開催されました。

現存する施設の調査へ

さっそく、さはし市議は、戦争遺跡について本会議で質問した藤井ひろき市議とともに現地に赴き、相談者の方に案内していただきながら、現存している捕虜収容所を調査しました。現在、日本車両の社宅の駐車場の壁面にかろうじて収容所の一部が残っています。名古屋市に対し、戦争遺跡としての保存の可能性を含め話をすることになりました。

教育委員会と懇談

後日、さはし・藤井両市議の同席のもと、相談者と教育委員会が懇談しました。相談者の方は「若い人たちは、有松に捕虜収容所があったことを知らない。施設の一部が残っているが崩れかけている。負の遺産として遺さないといけないと思う。残っているうちに銘板など設置できないか」と言われました。市担当者は「生涯学習センターでは市民のみなさんに『名古屋学』を学んでいただいている。緑区の連続講座の中に取り入れ、より多くの方に伝え広めることを検討したい」と答えました。

さはし市議は「愛知・名古屋戦争に関する資料館」などの活用も含め、戦争遺跡として捕虜収容所を後世に伝える取り組みを進めていきたいと語りました。

地元の住民から話を聞く佐橋市議

第89回メーデー 働く者の団結で政治を変えよう!

みどりの風2018年5月13日号より

5月1日、「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」をスローガンに第89回愛知県中央メーデーが開催され、党市議団も12人全員が参加しました。党市議団は、パレードの参加者や市民に、市政や働き方改革の問題点などを訴えながら一緒に政治を変えようと呼びかけました。

参議院愛知選挙区予定候補すやま初美さんとご一緒に

メーデー参加を激励する党市議団のメンバー

あこの写真ニュース

森友・加計学園疑惑の徹底解明を! 白土街道アクション大作戦

2018年4月7日

安倍首相による政治の私物化が次々と明らかになるなか、安保法制(戦争法)を許さない緑の会が4月7日16:00から白土街道の5地点で市民へのアピール活動に取り組みました。

白土街道の最中交差点、潮見が丘交差点、鴻仏目交差点、平手交差点、徳重交差点には合計で104人のメンバーが参加し、「疑惑隠しは許さない」「安倍首相の政治私物化の徹底究明」「平和憲法を守ろう!」と大書したメッセージボードを持ち、「9条改憲反対」の横断幕をかかげ行き交う市民にアピールしました。

さはしあこ市議も徳重交差点でハンドマイクで「憲法9条を守りましょう。」「森友文書の改ざん。加計学園疑惑の解明を!」と市民に呼びかけました。