地震自動解錠鍵ボックスの導入を

みどりの風2018年3月25日号より

本会議において津波避難対策について本会議で防災危機管理局長に質問しました。

名古屋市は、現在892施設の津波避難ビルを指定しています。海に面していない緑区でも河川津波が発生する可能性があります。さはしあこ市議は「津波が海から川を通して遡上してくるのではないか」「避難所に行っても鍵が閉まっていて、入れなかったらどうしたらよいかわからなくて不安」という緑区民の声を紹介し、緑区でも津波避難ビル29施設の指定が進んできているが、夜間・休日は18箇所が施錠されているため、夜間や休日、あるいは、鍵を管理している方が被災されて、津波避難ビルに入ることができなくなったら、命を守る最後の砦であるにも関わらず、役に立たないと指摘しました。内閣府でも「避難所に指定された学校が施錠されたままで、避難してきた住民が行き場を失った」との報告が出されています。

愛知県蟹江町の生涯学習施設と防災拠点を兼ね備えた「希望の丘広場」では、施設が閉鎖・施錠されている夜間や休日に地震が発生した際、避難者が建物の屋上に避難することが出来るように、日常的な揺れでは作動しないが、震度5弱以上の揺れで自動解錠する、出入口扉の鍵が中に保管されている「自動解錠鍵ボックス」を非常階段に設置しています。さはし市議は、東日本大震災を教訓に、津波被害が想定されている自治体では、避難してきた住民が、鍵の管理者を待つことなく、すぐに避難ができるように津波避難ビルへの鍵の常備が進められてきていると述べ「せっかく命からがら避難されてきた住民のみなさんの命を守るためにも、入口が解錠できない場合に備えて、まずは、市有施設の津波避難ビルに、地震自動解錠鍵ボックスの導入を検討してはどうか」と提案しました。防災危機管理局長は「発災時、近隣協力員(避難所施設の解錠を行う)以外の方でも解錠ができるようになる点で一定の効果が期待できる。一方でセキュリティの課題があるが、他都市の導入事例も参考にし、施設所管局とともに課題を整理する」と答弁しました。

さはし市議はあらゆる想定で、手段を講じるべき、せっかく避難したが、逃げ遅れ、貴い命を失うことのないよう、さらなる対策を進めるよう求めました。


緑区 津波避難ビル
学区施 設 名
相原相原小学校
鳴海中学校
片平鳴海工場
シティファミリー鳴海小森A棟
浦里浦里小学校
浦里荘2棟
浦里荘3棟
南浦里荘
緑小学校
鳴海荘
株式会社エム・エー・テック
レジデンス山腰
サンハウス大高駅Ⅱ
平子サンパーク手越
エスペランサ左京山
ユーハウス左京山
キングスハイツ左京山
大高ライオンズマンション大高緑地
ライオンズマンション大高第2
特別養護老人ホーム大高
中部電力株式会社緑営業所
上下水道局大高ポンプ所
株式会社平成観光KEIZ大高店
大高南森の里荘4棟
大高北大高北小学校
グランメール37
宝大高ハイツA
宝大高ハイツB
ライオンズマンション大高

質問するさはし市議

市民要求 予算案に盛り込まれる

みどりの風2018年2月25日号より

2月議会の開会に先立ち、党市議団は市政懇談会を開催し、新年度予算の特徴と問題点などのついて報告しました。参加者からは、天守閣木造化、市営住宅の古くなった浴室の問題、白鳥公園での事故についてなどさまざまな意見や要望が出されました。

予算の特徴と問題点

1.天守閣・リニア開発等大型事業推進

①名古屋城天守閣の木造復元(34憶9500万円)

②リニア新幹線開業を前提とした名古屋駅周辺開発(3憶600万円)、笹島巨大地下通路建設(1憶9320万円)

③久屋広場の再生(4370万円)、大規模展示場のあり方検討(200万円)

2.「減税」のために福祉・教育の民間化、公共施設の削減

①法人市民税の「減税」廃止へ

②市民税減税121億円の税収を減らし、福祉・教育の民間委託・民営化を推進

3.市民負担増と公共施設の削減計画

①生活保護費削減計画の影響

②介護保険料の値上げ

③「人口減少社会」を理由にした公共施設の削減計画

予算案に盛り込まれた市民要求

市民の運動と共同して予算案に盛り込まれた市民要求は次の通りです。

〇商店街商業機能再生モデル企業

〇児童虐待対応支援員の配置

〇新堀川における悪臭対策等

〇消防団を中核とした地域防災力強化

〇障害者差別解消に関する条例制定

〇敬老パスを上飯田連絡線へ適用

〇民間保育所等保育士奨学金支援

〇私立幼稚園授業料補助

〇客引き行為等対策の推進

〇セクシャル・マイノリティの調査

〇学校司書配置

〇保育所等利用待機児童対策

〇ヘルプマーク配布

〇スクールサポートスタッフ配置

姿勢懇談会で発言するさはし市議

あこの写真ニュース

「東海道の宿場町'鳴海宿'」の歴史銘板設置

2018年1月22日

「東海道の宿場町'鳴海宿'」の銘板が緑生涯学習センターに設置されました。緑区で5ヵ所目です。市内でも各区で設置が進んでいるようです。

私たちが暮らしている町の昔のまちなみや歴史、文化が案内されていて街歩きを楽しめます。 イギリスでは、著名人が住んだことがある家や歴史的出来事があった建物に「ブルー・プラーク」という青くて丸い銘板が貼られています。私もイギリスを訪れた時、街をぶらりと歩いているといろんなところで発見し楽しめました。 ブルー・プラークを目的に観光に訪れる人たちもいます。 日本では、軽井沢ブルー・プラーク制度が発足したらしいです。せっかくですから、これから海外の多くの方に日本を訪れていただくためにも、ナゴヤの銘板を国内外にPRしていけたらと思います。