ヒアリ対策は国が率先して対策を

みどりの風2017年7月16日号より

7月5日、党名古屋市議団は、名古屋港管理組合に対しヒアリ対策について緊急の申し入れ及び懇談を行いました。

7日に名古屋港鍋田ふ頭コンテナターミナルでヒアリが発見されたことを受け、名古屋港管理組合に対し、党名古屋市議団が申し入れを行い、もとむら衆院議員、愛知県議団、弥富市議団も参加しました。次の4点を申し入れました。

1.ヒアリの侵入を水際で防ぐために、コンテナターミナルはじめ関係箇所において、継続的に調査を行うとともに必要な駆除等の対策を行うこと
2.港湾労働者や来港者に向けて、ヒアリの見分け方や発見時の対応、刺された際の対処法など、正確で必要な情報を周知すること。
3.調査・駆除にあたる職員及び現場で作業する港湾労働者の安全確保に努めること。
4.国・県・関係自治体・各港湾等と必要な情報を共有し、総合的な対策をたてるとともに、国が防除を行うとした特定外来生物について定めた外来生物法に基づき、国に必要な対策を強く求めること。

名古屋港管理組合の職員からは「全力で調査し、点検・駆除にあたっているが、コンテナ全てのチェックは難しく、コンテナ内も検査できない」「特定外来生物に指定されているヒアリの駆除は生態系の関係からも環境省の担当。県や市の保健所での対応していただきたい。環境省のイニシアティブで迅速な対応をしてほしい」など要望が出されました。

その後も、飛島ふ頭、春日井などでヒアリが見つかっています。(名古屋市内では確認されていません)国が責任を持って、緊急に対策を講じ、また、費用負担も不可欠です。

対策を申し入れる、もとむら衆議院議員、わしの、しもおく両県会議員と党市議団

今年も国民健康保険料の減免申請を!

みどりの風2017年7月9日号より

都市消防委員会において、錦二丁目7番地区における建築物の制限 を定める条例の一部改正案が議論されました。

未来のまちづくりに調和しているか

錦二丁目7番地区においては、錦二丁目まちづくり協議会の「錦二丁目街づくり構想・総合計画2030」を実現するため、地区計画で「風俗系用途の立地禁止」「会所と路地の空間を創出する」が盛り込まれる一方、容積率が600%から860%に緩和されることで、地上41階、高さ150mの超高層タワーマンションの建設が可能となります。さはし市議は、市内で高さ第4位となるマンションが、NHKの「ブラタモリ」でも紹介されたお寺や神社となっている会所が残されている町並みに調和するのか、また、将来つくりあげたいまちづくりのビジョンと整合性があるのかと質問しました。 「16街区すべてにタワーを立てるわけではない。7番地区はリーディングプロジェクトで都心居住を計画している。」と答えました。

低炭素モデル地区にみあった改正か

錦二丁目は「低炭素モデル地区」に認定されており、全体で二酸化炭素排出量31%削減を掲げています。7番地区は、単独で、さらに25%の削減を目標にしています。規制緩和により、超高層タワーマンションが建設となれば約300世帯で690トン(集合住宅1世帯あたり2・3トン/環境省調査)の二酸化炭素が排出されることになります。相当量の二酸化炭素を排出する超高層タワーマンションの建設を可能とする容積率の緩和は問題であると指摘しました。

錦二丁目地内の会所にある神社 今も多くの人々が訪れる

あこの写真ニュース

6月18日、大高南コミセンで、日中友好協会緑支部の総会が開催され、さはし市議はじめ各団体が挨拶を述べました。さはし市議は、市長の南京発言から5年目となるが、この間、市民レベルの交流が、市長抜きで深められてきたことを紹介。来年は、友好姉妹都市提携40周年。市民による草の根の活動をチカラに、両国発展のため力を尽くす決意を語りました。