緑区選出の県・市議が予算要望

みどりの風2017年9月10日号より

緑区公職者連絡会は、河村名古屋市長と大村愛知県知事に対し緑区に関する予算要望を行いました。

有松中学校の分離新設を急いで!

さはし市議らは「国が31学級の継続を分離新設の条件としていることが壁になっており、教育の環境は、すでに限界がきている」と市長に詰め寄ると「起債してすぐ建てたらいい。まずは、国に行ってきたらどうだ」と国頼みの答えでした。

大高町線下に古墳が・・

大高町線(大高町字鶴田~東森前)の整備にあたっては、大高城の周辺を通ることで、最近、予定地で古墳が発見され、都市計画の見直しの必要性が出てきました。市長は「(古墳は)大事にしないかん」と一言。

河村市長に要望する緑区選出の県・市議(左から二人目 さはし市議)

市長要への要望

  • ◎重点要望
  • 1.鳴海駅前における公共的建物の早期整備
  • 2.緑区在宅サービスセンターの早期設置(例えば鳴子地区など)
  • 3.道路の整備
  • (1)敷田大久伝線の整備
  • (2)桶狭間勅使線の整備
  • (3)大高町線の整備
  • 4.交通渋滞の解消を目指した都市基盤(国道1号線の4車線化、名鉄名古屋本線の連続立体交差事業について早期事業化に努めること)
  • 5.河川堤防及び愛知用水施設の強化
  • 6.児童・生徒数の増加が予想される小中学校について、適切な教育環境を整える
  • 7.小学校の新設(鳴海東部小学校からの分離新設の設置)
  • 8.新海池公園全体の早期整備
  • 9.「自主的・主体的な区政運営」予算の増額
  • 10.特色ある防災対策の推進(予算確保)
  • 11.歴史的資源を活用したまちづくりの推進(鳴海・有松・桶狭間・大高)
  • 12.市南東部への備蓄倉庫の設置
  • 〇個別要望
  • 1.手越川の適正な管理2.扇川の整備3.敷田大久伝線の整備
  • 4.徳重バスターミナル出口付近道路への駐停車禁止ゾーン設置
  • 5.応急危険度判定士の研修受講資格者拡大について
  • 県知事要望

  • 1.がけ地における土砂災害防止
  • 2.河川堤防の強化
  • 3.安心・安全で快適なまちづくりの推進
  • 4.平針運転試験場の改修にともなう周辺住民への対応

未来を担う子どもたちが消防団を体験

みどりの風2017年9月3日号より

将来の消防団員 子ども団員あつまれ!

8月20日、大高北消防団主催による小学生参加の「子ども消防団」が開催されました。今年で6回目となる取り組みで、さはしあこ市議も都市消防委員として参加しました。

子どもたちは、グループごとに消火器による消火活動、実際のホースを使った放水体験、広報車からの火災予防の広報、拍子木を打ち「火の用心」を呼びかけながらの町内巡回など、消防団の活動を学び体験しました。学区内にある緑消防署大高出張所にも立ち寄り、消防職員から、はしご車、救急車、空気呼吸器(ボンベ)などの説明も受けました。

最後に、団員証を受け取り、早くも来年参加したいと意気込んでいる子どもたちもいました。消防団の役割を知ってもらうことで、防災意識の向上、地域との絆が深まり、次世代育成などにつながる取り組みです。

あこの写真ニュース

9月3日(日)、鎌倉台中学校において、大清水学区395人の参加による総合防災訓練が行われ、各学区の区政協力委員長、行政、団体、企業などが参加しました。

さまざまな訓練を通して、あらたな課題も見つかり、訓練の重要性が再確認されました。高層階や事故車両からの負傷者を救出、医師会による医療救護所の設置、トリアージや応急手当など救助・救出・救護までの一連の訓練も行われました。

訓練後、馬渕緑区長と